お祝い膳(赤飯・プリン・菓子・ヤクルト)
お持ち帰りできます!


社 頭 風 景

11月は子どもの祭り

昔ながらのしきたり事に、三歳の男女の髪置き、五歳の男子の袴着け、七歳の女子の紐落としが、今日の子どもの祝いの厄落として無病息災、健康安全を祈る厄祓いの姿と成っております。当飯盛神社に於きましても、11月の30日間、七五三の子ども達に“お祝い膳”を準備致し、ご参拝をお待ち申し上げております。もちろんお一人、お一人を祈願申し上げ、沢山の祝い物が入った“千歳飴袋”と福笹を差し上げます。



子どもみくじ(当たりくじ付き)

氏神様とのご縁は、人生のご縁でございます。それは母の胎内に宿りし時から始まるのです。安産祈願・初宮詣・一歳の初誕生餅踏・七五三歳の祝・学業成就祈願・成人式・男25歳、女19歳の大厄厄除祈願・結婚式・男42歳、女33歳37歳の大厄厄除祈願・還暦・そして寿祭。繰り返される人生の儀礼は、生まれ育った故郷の氏神様又今住んでいるその土地の氏神様への報恩感謝の祈りでもあります。氏神様そしてご先祖様への、今日家族皆平穏無事である事を有り難く歓び晴れの儀式として、繰り返される訳でございます。当神社と致しましても、安産祈願の時からのご縁に人生総ての儀式に対しご案内をもうしあげ、久しくお慶びのご挨拶を申し上げさせて戴きます。