4月第4土曜 春季例大祭奉祝神楽祭(シュンキ カグラサイ)

《祈念地祭、五穀豊穣・国土繁栄を祈って、神楽を奏します》

午前10時    奉祝祭祭典開始

午前10時半  演芸大会開始(日本舞踊・詩吟・その他)



   氏子崇敬者の皆様方が日頃の稽古の成果を神祇殿にて、それぞれご披露頂きます

                   








 正午から  黒土神楽奉納

                 

現在は、豊前岩戸神楽組合中・黒土神楽社中を招き、正午頃より午後8時頃までの、約8時間あまりをかけ、「式神楽」「大蛇退治」「駈仙神楽」「湯立神楽」「岩戸前神楽」などを奉納。豊前神楽独特の激しい舞と、夕暮れの中の《湯立て火渡り》は、見る者総てを神代の幽玄の世界へと導いてくれる。




子供駈仙(こどもみさき)
天孫降臨の神々の御先祓いの舞に児童等の無病息災を祈念する

参詣のお子様を舞台へと導く

むりやりに!





 突然の事にて、泣き叫ぶ表情が滑稽である ほどほどに!





大蛇退治(おろちたいじ)
八股大蛇を酔わせている場面

酔った大蛇を素戔嗚尊が退治
末永く子孫の繁栄を祈願
《宝剣治国神楽》


岩戸開き(いわとびらき)
天鈿女命
(あめのうずめのみこと)
滑稽な舞に天照大神の
ご出現を願う


湯立神楽(ゆたてかぐら)
約10メートルの竹上に登り、
四方舞をする
下には、大釜に湯がグラグラと
沸き上がっている


これからが、見学者と一緒に
火渡りだ
裸足では熱いけど、火傷はしない
病気封じには、効果絶対だ!




奉納神楽 福岡県豊前市久路土 豊前岩戸神楽社中 黒土神楽講